Shoes atelier KURUN [-婦人靴・東京シューズ・X線検品・靴のOEM-靴メーカー-]







当社では全ての靴を日本の熟練された職人により製作しております。

LASTMAKING 木型作成

靴の作成において木型は全ての工程の始まりであり、
木型の出来で靴のクオリティが決まるほど重要な物です。
当社では100パターン4000足を超える木型を保有しており、
デザインにより木型を選定し靴の製作をしております。
ファッショントレンドに対応し毎シーズン5型~10型を新規で
企画し開発して おります。


PATTERN パターン作成

デザインバランス・機能・安全性を考え、木型にデザイン画を描き、
パターンを製作しております。
パンプスなどの履き口のカットラインやロングブーツなどは、
シルエットが重要なので特にラインに注意します。


CLOSING 裁断 製甲

革の伸びや特性に考慮しながら、キズや汚れなどを避けパターンに合わせて作成した抜型を使いクリッカー裁断機で裁断をします。

革の張り合わせ部分や折り込み部分などを薄く鋤、糊を縫ってパーツを
張り合わせ、ミシンで縫製を掛けて形にして行きます。


BOTTOM MAKING つり込み

つま先部に先芯、かかと部分に芯材を入れて行きます。
全ての靴に革製の芯材を使用しており、かかと部分の馴染みや
戻りが有り補強材に適しています。
神戸などで製作されたケミカルシューズなどの多くは、カカト部分の補強に
ホットメルト材を使用していますが、馴染もなく一度広がってしまうと靴が
大きくなってしまい、あまり長期間の使用には不向きです。

木型に中底を固定しアッパー部分を木型に馴染ませながら、
つり込んでいきます。
パンプスですと履き口と木型を釘で固定しより木型のラインが綺麗に
出るようにします。
つま先・カカト・踏まずを順番につり込んでいきます。

つり込みが終わった物の底面を底に合わせて削り、はみ出さない様に
底と本体に糊を塗っていきます。
糊を乾燥させて底を温めてアッパー部分と接着させ圧着させます。
先芯・カウンターを乾燥させる為、自然乾燥で1日~3日程度木型と革が
十分に馴染んでから木型を外します。
ヒールスタイルの場合にはまず釘を4本前後四角く打ち込み、
一番強度が 必要なセンターにはビスをボール盤で打ち込みます。


FINISHING 仕上げ

素材やスタイルに合わせて仕上げをしていきます。
革の小皺などは靴仕上げ用アイロンで丁寧に伸ばし、汚れなどはブラシやクリームなどを使用し取り除きます。
スムース革などは革に合わせたクリームで艶出し・保湿をし、
靴箱に入れ完成です。


INSPECTION 検品

当社では完成をした靴をX検査装置で異物の混入やヒール止め釘や
ビスの曲り・位置などを検品し、中敷き面の触診・外観検品を掛けてから、
お客様に出荷して行きます。










OEMについて | 会社案内 | お問い合わせ Copyright © KURUN Ltd. All Rights Reserved.